切手買取の極意はここに!

切手専門のデザイナーとは

普段何気なく使用している切手のデザインは、主に切手を専門とするデザイナーが考案しています。切手の図柄として使用するデザインが決定したら、下絵にて大まかな線を描いていきます。切手の図柄に採用されるデザインは風景や人物、季節ごとの記念行事、そして乗り物や動植物、建物や建築物など様々ありますが、万人が使用する普通切手においては無難なデザインが採用される傾向にあります。切手デザイナーは元の対象を忠実に切手へと仕立て上げなければなりませんので、相当な技術を必要としています。切手のデザイナーは専属で活躍していることが殆どですが、美術品などをテーマにするときは監修やデザイナーが別に存在する場合もあります。切手は単に郵送料として存在するだけでなく、手紙を送る人や受け取った人にも楽しんでもらえるようにとデザインされているのがよくわかります。切手デザイナーごとの作品を並べて、それぞれの特徴などを考察してみるのも切手収集においての楽しみのひとつです。