切手買取の極意はここに!

破れてしまった切手は使用不可

破れてしまった切手は、その損傷具合により使用できなくなってしまうこともあります。破れてしまった切手を貼り合わせることで新品だと偽装することも容易いために、そうした破れた切手は使用することも、そして交換することも出来なくなっています。切手の外枠が破れている場合は使用できる場合が多いのですが、切手の金額の部分や内側の図柄が大きく損傷していると使用は出来ないとされています。手紙や小包を正確に送りたい場合は、切手の損傷や破れにも気を付けなくてはいけません。また、古い切手を使用することで裏糊が剥がれてしまう場合があり、そうした場合も送り先に迷惑をかけてしまいますので、切手はしっかりと貼り付けたことを確認してから郵送するのをおすすめします。コンビニで切手を購入する際も、フチが少しでも欠けていたり破れてしまったら交換を申し出るようにすると、切手を使用する際にも安心して送ることが出来ます。
切手買取で高く売れる業者の一覧はこちらを参考にしてください。